シーコーヒー 授乳中

授乳中ポイント

授乳中に飲む「C_COFFEE(シーコーヒー)」の安全性について詳しくまとめています。

  • 授乳期のカフェインは完全にダメ?
  • どれぐらいまで飲んでいいの?
  • 母乳を飲む赤ちゃんへの影響は?

シーコーヒーで授乳中でも安全に飲めるか心配なママは、ぜひ正しいやり方の参考にしてみてください!

シーコーヒーは授乳中だと完全にNG?

飲めないの?

シーコーヒーは授乳中に飲むのは絶対ダメというわけではないですが注意点はあります。

妊娠中または授乳中の方は、ダイエットを目的とした本品のご使用はお控えください。
また、健康増進を目的とした本品のご使用は医師にご相談の上お召し上がりください。

引用元:C_COFFEE CHARCOAL COFFEE DIET お問い合わせ

 

ダイエット目的というのは、置き換えなど食事制限する飲み方です。

食事制限すると栄養不足になる可能性が高いので健康にとってよくありません。

普通の食事を摂りながらの場合でも、念の為に助産師などに相談しておくのが安全です。

授乳中は絶対ダメではないですが、医師に相談してからシーコーヒーは飲むようにしましょう!

授乳中に飲めると確認された方は、シーコーヒーの口コミや評判についてまとめましたのでチェックしてみてくだい。

 

シーコーヒーを授乳中にダメな理由(カフェイン)

理由

授乳中に飲むシーコーヒーで気になるところは、カフェインを原材料に含んでいる点です。

とくに母乳を飲む赤ちゃんもカフェインを摂ることになるからです。

自分の身体は大丈夫でも母乳を飲む赤ちゃんのためにも気を付けないといけないのです!

 

シーコーヒーのカフェインを授乳する赤ちゃんへの影響

影響

授乳中のカフェインも、赤ちゃんに影響を与えます。授乳中にカフェインを摂取すると、母乳を通してカフェインの一部(1%程度)が赤ちゃんにも移行します。
結果として、以下のような影響を与えることが分かっています。

・不機嫌になりやすい
・泣く回数が増える
・興奮して落ち着きがなくなる
・寝付きにくくなる

これらのことを考えると、妊娠中や授乳中のカフェイン摂取には気をつける必要があることが分かります。

引用元:MIMI STAGE

 

母乳から赤ちゃんへのカフェインは微量のイメージがありますが、身体も小さいですし1%程度でも安心できるとは言えません。

シーコーヒーが大丈夫だとしても、赤ちゃんのことを考えると少し気になります!

 

シーコーヒーは授乳中なら一日何杯まで?摂取量の注意点

摂取量

カフェインの影響がより大きい妊婦や授乳中、あるいは妊娠を予定している女性は最大300mg/日(マグカップで約2杯)までとする。

引用元:厚生労働省

 

シーコーヒーの1杯あたり(約3g)には、約70mgのカフェインが含まれています。

カフェインの数値で見ると4杯くらい飲めそうですが、厚生労働省の記載にあるように2杯までにしておきましょう。

また、シーコーヒーは授乳を終えた後に飲むことで、母乳時の赤ちゃんへのカフェイン量を抑えることができそうです。

授乳期にシーコーヒーを飲みたい場合は、飲む量とタイミングを工夫しましょう!

 

シーコーヒー以外の授乳中にいい飲み物

飲み物

ノンカフェインのコーヒー

シーコーヒーではなく、ノンカフェインのコーヒーを飲むと授乳中でも安心です。

カフェインを抑えたコーヒーには、

  • デカフェ
    →カフェインを後から取り除いたもの(微量は入っている)
  • カフェインレス
    →カフェインの含有量が少ないもの(少々入っている)
  • ノンカフェイン
    →カフェインを全く配合していないもの

などがありますがノンカフェインが一番安全です。

デカフェやカフェインレスでも、シーコーヒーよりカフェインが少ないので授乳中でも飲みやすいです。

 

コーヒー以外の飲み物

コーヒー以外でカフェインを摂らない方法で、リラックスしやすい飲み物もおすすめです。

例えば、

  • 麦茶、そば茶
  • ハイビスカスティー
  • ハーブティー
  • たんぽぽコーヒー
  • 豆乳

などです。

授乳期のママは赤ちゃんの世話で忙しいので、気持ちを落ち着かせるのも良いですよ。

シーコーヒーのカフェインが気になるママは、ノンカフェインの飲み物だと安心ですね!

 

シーコーヒーの授乳中まとめ

まとめ

  • 授乳中に飲めないわけではない
  • 母乳を飲む赤ちゃんへのカフェインに注意する
  • 医師と相談後に飲む場合でも1日2杯までにする
  • 気になる方はノンカフェインのコーヒーや飲み物だと安心

授乳中のシーコーヒーはダイエットでなく、しっかり食事で栄養補給しながら飲むようにしましょう!

 

【関連記事】コーヒーダイエット おすすめ