コーヒーダイエットおすすめランキング!効果が人気の置き換えしやすいコーヒー

コーヒーダイエットの選び方3つのポイント

痩せるコーヒーダイエットの選び方の3つのポイント

>>コーヒーダイエットおすすめランキングを今すぐ見る

コーヒーダイエットとは、文字通りコーヒーを飲みながらダイエットする方法を言います。

脂肪燃焼などダイエット成分を含んでいるコーヒーを体に吸収して痩せるのが目的ですが、ただ飲むだけでは効果を得られない場合が多いです。

コーヒーダイエットで成功するためには、

  • 置き換えしやすく容易にカロリーカットできる
  • ストレスなく毎日続けやすい
  • 経済的にも手に入れやすい

といったポイントをチェックして選ばないといけません。

難しそうですが商品の選び方やランキング形式で紹介していますので、あなたに合ったダイエットコーヒー探しの参考になりますよ!

 

コーヒーダイエットの選び方(1):手軽に美味しく飲める

手軽に作れて香りよく美味しいコーヒーダイエットの選び方

コーヒーダイエットの効果は毎日継続して飲む必要があるので、美味しさと手軽さがとても重要なポイントとなります。

淹れたときに臭みを感じたり飲んでもまずいコーヒーでは、苦痛でストレスが原因で逆にリウンドしてしまいます。

香りや味は買う前に試食できないので、

  • 焙煎士、バリスタなどが監修、推奨している
  • 口コミ評判で香りや味の感想を見る

などが味にこだわった美味しいコーヒー選びのコツです。

ただ焙煎士やバリスタがおすすめしてるとコーヒー好きなら正解だと思いますが、結局のところ香りや味は個人の好みです。

なので実際に飲んだ人の苦味や甘み、コク、酸味、スッキリ感など、口コミを参考にした方が失敗しない自分好みのコーヒーを選べます。

またコーヒーダイエットを無理なく続けるためには、香りや味だけでなく手軽に作って飲めることも大切です。

ドリップコーヒーのように味に深みはあっても作るのに時間と手間がかかるのでは、いずれ挫折してしまいます。

コーヒーダイエットに取り組むときは、できるだけ簡単に作れるよう水にさっと溶かすだけだけのインスタントタイプがおすすめです。

ホットだけでなくアイスでも素早く溶かせて美味しく飲めるインスタントコーヒーもあるので、時期や飲み方の好みで選ぶのが良いでしょう。

痩せるには長続きさせるのが重要なので、香りや味の評判と素早く作れるインスタントコーヒーを選ぶのがポイントですね!

 

コーヒーダイエットの選び方(2):置き換えしやすい

カロリーを抑えて置き換えダイエットできるコーヒーの選び方

ダイエットコーヒーで効果を出すためにも、置き換えしたときに空腹対策できる成分の配合をチェックしておきましょう。

食事や間食などをコーヒーに置き換えしないと、正直ダイエット効果は得られないと思ってください。

いくら痩せる効果のある成分が豊富でも、食事や間食で摂取カロリーが多いと消費が追いつかず体に溜め込んでしまいます。

ダイエットコーヒーはだいたい1杯10kcal未満なので、1食何百kcalを超える食事や間食と置き換えればかなりの摂取カロリーをカットできます。

置き換えして「摂取カロリー<消費カロリー」の状態を続けられれば、痩せることが可能です。

ただしコーヒーで置き換えダイエットした場合は空腹感との戦いになりがちなので、満腹感や腹持ち効果のある成分をチェックしておきましょう。

空腹対策できる成分を配合してれば、置き換えだけでなく食事前にコーヒーを飲んで食べ過ぎを防止するためにも利用できます。

上記を踏まえた上で、デトックスや美容、便秘解消など、足りない栄養素を補う成分も見ておくと良いです。

コーヒーで置き換えてもお腹が満足できれば、我慢せずに摂取カロリーを抑えられ痩せますよ!

 

コーヒーダイエットの選び方(3):続けやすい価格

コーヒーダイエットを続けやすい価格

費用面でも続けやすいよう、コーヒー1杯の価格を確認してから選ぶようにしましょう。

いくら自分に最適なダイエットコーヒーだったとしても、価格が高いと続けられません。

通販の定期コースなら比較的安く手に入りますが、初回は激安でも2回目以降の価格も見ておかない後で後悔します。

コーヒーダイエットの商品は内容量も価格もマチマチなので、1杯あたりのコスパで続けられるか確認してください。

1箱で何杯飲めるか見ておけば1杯あたりの価格がわかりますので、金額的に無理なく続けるためにも確認しておきましょう。

価格は安いほどいいわけではないので、自分のお財布と相談しながら決めるのが一番ですね!

 

コーヒーダイエットの選び方まとめ

コーヒーダイエットで成功する商品の選び方まとめ

  1. 手軽に美味しく飲める
    自分が飲みたくなるようなコーヒーを選ぶ
    コーヒーの香りや味の口コミ評判を参考にする
    さっと作れるコーヒーだと続けやすい
  2. 置き換えしやすい
    摂取カロリーカットのためにも必須
    空腹対策できる成分を確認する
  3. 続けやすい価格
    1杯の価格を見て決める
    1箱の値段と1杯あたりの摂取量

とくにコーヒーダイエットは、楽しみながら置き換えするのが楽にカロリーカットして痩せる秘訣です。

忙しくても手軽に美味しく空腹感を我慢せずに飲めれば、無理なく簡単に痩せられます。

それでは上記の選び方を考慮した、人気のコーヒーダイエットをランキング形式で紹介していきます!

 

コーヒーダイエットおすすめ人気商品ランキング

(第1位)無理なく置き換えダイエットできる/チャコールバターコーヒー

コーヒーダイエットおすすめランキング第1位のチャコールバターコーヒー

おすすめポイント
  • バターの香りとコクが美味しい
  • 水やお湯に溶かせばすぐに作れる
  • 持ち運びやすいスティックタイプ
  • 満腹感を与えるバターとMCTオイルを配合
  • ジンジャー・マカなど栄養素が豊富
  • 1杯約58円と低価格で続けられる

といった、置き換えダイエットに最適なコーヒーです。

10秒もあれば簡単に作れるため、忙しい朝でも香り良く美味しいコーヒーを楽しめます。

置き換えしたときの空腹対策や不足しがちな栄養素も補えるため、食事を抜いても満足しながらダイエットに取り組めます。

カバンに入れて持ち運びやすいため、朝食以外にも仕事先の間食代わりなど食欲コントロールや糖質制限にも便利なインスタントコーヒーです。

また置き換えだけでなく、炭のデトックス効果、腸内環境を整える、代謝や集中力のアップ、血糖値の上昇対策など、ダイエット以外にも嬉しい成分を含んでいます。

今なら3箱セットで購入すれば1箱を無料でプレゼントしてもらえるキャンペーン中なので、1杯あたり約58円と安くてお得に続けられます。

まさに、手軽で美味しい、満足感、コスパ良好の続けやすさを備えた、置き換えダイエットナンバーワンのコーヒーと言えるでしょう。

価格単品:2,658円(2,138円、送料520円)
3袋セット:1袋おまけ(合計4袋)で6,935円(6,415円、送料520円)
内容量1袋30包入り(30杯分)
コスパ単品:89円(1杯)
セット:58円(1杯)
形状インスタント(スティックタイプ)
カロリー4.64kcal
糖質0.88g以下(炭水化物に含む)
成分MCTオイル、バターパウダー、脂質、コーヒー(クロロゲン酸)、ジンジャー、マカ、水溶性食物繊維、竹炭、活性炭など

※上記は税込み価格です。

 

\セットなら1杯58円でお得に飲める/

 

(第2位)お試し価格が安い/AT COFFEE(アットコーヒー)

コーヒーダイエットおすすめランキング第2位のAT COFFEE(アットコーヒー)

おすすめポイント

1杯あたり約33円と激安価格でお試しできるダイエットコーヒーです。

激安価格は定期コースですが縛りがないため、初回1ヶ月のみお試しするだけでもOKです。

さらに満足できなければ返金保証も利用できるため、初めてコーヒーダイエットしたい方でも安心して飲めます。

また金額面だけでなく、身体に吸収されやすいコラーゲンやNMNなど、美容に良い贅沢な成分を配合しているため美肌ケアも意識しながら置き換えダイエットができます。

ブラックで飲むのはもちろん、カフェオレ、ダルゴナコーヒー、フラッペといったアレンジ数も無限大なのでコーヒーが苦手な人でも試しやすいコーヒーです。

ただ、1位のチャコールバターコーヒーと比べると、2回目以降は値段が高いですし、置き換え時の空腹をサポートする成分に物足りなさがあります。

とはいえ、お試しや返金保証サービスがあるので、効果やカラダに合うか心配な方にはアットコーヒーの方が合っているでしょう。

価格初回:約83%OFFの980円(1袋)
2回目以降(2袋):41%OFFの6,960円(3,480円×2袋)
ずっと送料無料
内容量100g(1杯あたり3g、約30杯分)
コスパ初回:約33円(1杯)
2回目以降:116円(1杯)
形状インスタント(粉末タイプ)
カロリー13kcal
糖質2.8g以下(炭水化物に含む)
成分コーヒーパウダー(国内製造)、チャコール(竹炭、赤松妙炭)、マヌカハニーMCTオイル、HMBCa、フィッシュコラーゲン、アスタキサンチン、NMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)など

※上記は税込み価格です。

 

\今なら初回980円(縛りなし)で試せる/

<安心の最大12日返金保証付き>

 

(第3位)美活・菌活・巡活成分を同時に摂れる/カフェリーチェ

コーヒーダイエットおすすめランキング第3位のカフェリーチェ

おすすめポイント

美容も体調も体型も維持したい欲張りな女性におすすめなのが、カフェリーチェの特徴です。

  • 美活成分
    置き換えダイエット中に不足しやすい美容ビタミン
  • 菌活成分
    生きて腸まで届く乳酸菌を1億個も配合
  • 巡活成分※
    ショウガ、シナモンなど体を温めたり代謝をアップするのに役立つ

※成分が身体を巡ること。

上記のように置き換えダイエットしながら、健康的で美しいボディを手に入れたい女性には特におすすめです。

1杯あたりのコスパやカロリーは高くなってしまいますが、とにかく美しいボディを作る成分をたくさん摂っておきたい人に合っているダイエットコーヒーです。

価格初回:45%オフの2,900円
2回目以降:3,840円
ずっと送料無料
内容量102g(1杯あたり3.4g、約30杯分)
コスパ初回:約97円(1杯)
2回目以降:128円(1杯)
形状インスタント(粉末タイプ)
カロリー10.6kcal
糖質1.7g
成分インスタントコーヒー(コーヒー豆(インドネシア、エチオピア))、ビタミンB1、ビタミンB6、有胞子性乳酸菌、ショウガ、シナモンなど

※上記は税込み価格です。

 

\今なら初回45%OFFで試せる/

<2回目以降も1,510円OFFでお得>

 

(第4位)脂肪燃焼成分が豊富/エクササイズコーヒー

コーヒーダイエットおすすめランキング第4位のエクササイズコーヒー

おすすめポイント

脂肪の燃焼や蓄積を抑えるクロロゲン酸やL-カルニチンを贅沢に配合しているのがエクササイズコーヒーです。

焙煎したコーヒー豆と比べ、脂肪の蓄積を抑えるクロロゲン酸を約10倍も配合しており、脂肪燃焼を促進するL-カルニチンまで摂ることができます。

40代以上で基礎代謝が落ちガチな人には、脂肪にアプローチする成分が豊富なので特にダイエットに効果的です。

味についてもブラジル産の焙煎コーヒー豆ですし、モンドセレクション金賞やiTQi2017優秀味覚賞まで受賞している本場のコーヒーを楽しめます。

水に溶けやすスプレードライ製法なので、冷たいアイスコーヒーでもさっと作れるのでとても便利です。

2回目以降はやや高額になってしまいますが、代謝が落ちて痩せづらいと感じる方に試して欲しいダイエットコーヒーです。

価格初回限定:78%オフの982円
2回目以降:3,726円
ずっと送料無料
内容量30包入り(30杯分)
コスパ初回:33円(1杯)
2回目以降:124円(1杯)
形状インスタント(スティックタイプ)
カロリー6.9kcal
糖質1.5g以下(炭水化物に含む)
成分コーヒー、生コーヒー豆抽出物(クロロゲン酸含有)、L-カルニチンフマル酸塩、コエンザイムQ10など

※上記は税込み価格です。

 

\今なら初回980円(縛りなし)で試せる/

 

(第5位)コーヒーとプロテインを一緒に摂取できる/Caffetein(カフェテイン)

コーヒーダイエットおすすめランキング第5位のCaffetein(カフェテイン)

おすすめポイント

コーヒーとプロテインを同時に摂れる、筋力維持と脂肪燃焼に役立つダイエットコーヒーです。

とくに食事制限すると筋力不足になりがちで基礎代謝量が落ちやすくなりますが、筋力維持をするためにもプロテインが役目を果たします。

栄養管理士と薬剤師が監修しており、砂糖、食塩、着色料、保存料、合成甘味料は不使用の処方なので安全性にもこだわっています。

ただ、脂質や糖質など余計なものは入ってないと書かれていますが、カロリーや糖質の数値が高いのが少し気になる点です。

とはいえ、筋トレや運動しても痩せない方は筋肉不足の可能性もあるので、プロテインを摂って基礎代謝のアップに役立てるのにおすすめのコーヒーです。

価格初回限定:71%オフの2,138円
2回目以降:41%オフの4,298円
ずっと送料無料
内容量150g(1杯あたり10g、15杯分)
コスパ初回:143円(1杯)
2回目以降:287円(1杯)
形状インスタント(粉末タイプ)
カロリー35.5kcal
糖質2.7g
成分コーヒーエキス(コーヒー豆、デキストリン)、ホエイプロテイン(タンパク質)、穀物麹抽出濃縮物、エラスチン、カフェインなど

※上記は税込み価格です。

 

\初回限定71%オフでお試しできる/

<クレカ決済なら専用シェイカー付き>

 

コーヒーダイエットのおすすめ比較一覧

【第1位】【第2位】【第3位】【第4位】【第5位】
チャコールバターコーヒーアットコーヒーカフェリーチェエクササイズコーヒーカフェテイン
コスパ(1杯)約58円(セット購入)116円(定期)128円(定期)124円(定期)287円(定期)
内容量(1箱)30包(30杯分)100g(30杯分)102g(30杯分)30包(30杯分)150g(15杯分)
形状スティック粉末粉末スティック粉末
カロリー(1杯)4.64kcal13kcal10.6kcal6.9kcal35.5kcal
糖質(1杯)0.88g以下2.8g以下1.7g1.5g以下2.7g
成分満腹感、栄養豊富美容成分美活・菌活・巡活成分脂肪燃焼や蓄積を抑える筋力量と基礎代謝量をサポート
特徴コスパ良好、低カロリー・低糖質初回お試し1杯約33円、アレンジが豊富、返金保証付き美容、体調、体型維持本場の味(ブラジル産の焙煎豆)コーヒー豆をブレンド、安全処方
購入先≫公式サイト≫公式サイト≫公式サイト≫公式サイト≫公式サイト

コーヒーダイエットの商品を比較してみると、とくに置き換えに最適なのはチャコールバターコーヒーという結果になりました。

カロリーや糖質も低く食事を抜いたときの空腹対策や栄養サポート成分も摂れるため、無理なく置き換えダイエットするのにもってこいのコーヒーです。

味についても高評価ですし1杯あたりの価格が安くコスパが良いので、ダイエットで必須となる継続性についても高ポイントとなります。

ずっと安く購入しながら継続できるチャコールバターコーヒーが一番ダイエットにおすすめですよ!

\セットなら1杯58円で飲める/

>>コーヒーダイエットのおすすめランキングをもう一度見る

 

コーヒーダイエットを飲むタイミング

コーヒーダイエットで痩せるために飲むタイミング

コーヒーダイエットのやり方

コーヒーダイエットで痩せるための正しいやり方は、脂肪を溜め込まず代謝をアップさせるタイミングと飲み方です。

効果的なやり方と飲むタイミングは、

  • 食事をコーヒーに置き換える
    or
    食後30分以内に飲む
    or
    運動前後や入浴前に飲む
  • 砂糖など太る物は入れない
  • 身体が温まるホットで飲む

といった感じにすればダイエットできます。

コーヒーで一番効率の良いダイエットは、食事を置き換えて摂取カロリーを抑える方法です。

ダイエット成分を摂りながら摂取カロリーを抑えられ、とても効率良く痩せられる方法です。

とくに夕食が一日の食事ボリュームも多く摂取カロリーを抑えられますが、食べないので空腹との戦いにもなります。

空腹すぎるのはストレスですし、夕食よりも朝食や昼食をコーヒーに置き換えた方が食事量が少ないため無理なくダイエットができます。

お腹が空きやすく置き換えが不向きな人は、食後や運動前後、入浴前に飲んでみてください。

食べた物の脂肪を吸収せず太らないポイントは、時間が空けず食後30分以内にコーヒーを飲むのがおすすめです。

その他に置き換えと食後以外で脂肪燃焼アップしやすいタイミングは、身体が温まりやすい運動前後や入浴前に飲む方法です。

身体が温まれば代謝も上がりやすいので、脂肪燃焼によるダイエットにも繋がります。

普段に飲むときでも、アイスよりホットで飲めば体温を上げやすいため基礎代謝量のアップにもなりやすいです。

またダイエットには飲むタイミングだけでなく、割り方も重要なポイントとなります。

余計なカロリーを含めないブラックコーヒーで飲むのが一番ですが、苦味が駄目な人もおられます。

他の物と混ぜないと飲みにくい人は、実際にお口に入れるコーヒーのトータルで考えて摂取しましょう。

例えば、

  • 砂糖→糖質が高い、カフェインの働きを妨害しがち→基礎代謝量の効率も悪くなる
  • 牛乳→カロリーが高い

といった感じで、混ぜると飲みやすいけどダイエット中には不向きな飲み方もあります。

甘みが欲しいなら砂糖ではなく、バターやココナッツオイルなどを利用して糖質を抑えてみてください。

コーヒーの苦さをなくすため牛乳でカフェオレにするときでも、無脂肪牛乳で割って摂取カロリーを抑えると安心です。

 

コーヒーダイエットの注意点

コーヒーダイエットの注意点

コーヒーダイエットはよくない?

コーヒーダイエットは摂取量を守れば大丈夫ですが、早く痩せたいといって飲み過ぎると逆に太るので注意してください。

正常に分泌されていれば睡眠中に脂肪や糖の代謝を行うため、ダイエットに効果的。
しかし、四六時中ストレスにさらされ、コルチゾールが増えすぎると、成長ホルモンの働きを阻害し、基礎代謝を低下させ、エネルギー効率が悪く脂肪が燃えにくい体質になります。
いわゆる“ストレス太り”です。

引用元:豊橋ハートセンター

 

カフェインにもコルチゾールを増加する作用があるため、太らないためにも飲み過ぎには注意が必要です。

太りやすいだけでなくコーヒーを飲むと、少なからず舌の上に成分は残ります。

成分が残ると口臭の原因にもなってしまうため、歯磨きの回数を増やさないといけなくなります。

・健康な成人は最大400mg/日(コーヒーをマグカップ(237ml入り)で約3杯)までとする。
・カフェインの影響がより大きい妊婦や授乳中、あるいは妊娠を予定している女性は最大300mg/日(マグカップで約2杯)までとする。

引用元:厚生労働省

 

カフェインの摂取量がわからないという方は、1日3杯以下を目安にしてください。

それと夜にコーヒーを飲むとカフェインの興奮作用で寝付けなくなり、睡眠の質を下げてしまい太る原因にもなります。

しっかり眠るためにも、寝る直前ではなく時間を開けてコーヒーを飲むようにしましょう。

あとカフェインは胃に負担がかかりやすいので、お腹が空いている時に飲まないように注意してください。

またブラックコーヒーじゃない場合は、砂糖や普通牛乳ではなくシュガーレスや無脂肪牛乳で糖質や脂質を抑えましょう。

 

コーヒーダイエットの市販

市販でお得なコーヒーダイエット

コンビニの商品でもコーヒーダイエットできる?

コンビニでも手軽に買えますが、ダイエット目的なら値段ではなくカロリーや糖質量、配合成分をチェックしてください。

現在はセブンイレブン、ローソン、ファミリーマートでも、低価格でおいしいバターコーヒーやカフェラテが手に入れられます。

コンビニ以外のドラッグストアなど、探せば市販の店舗ならどこでも購入可能です。

ただ注意点として、市販だと買いに行く手間や毎日飲むとなるとそこそこな金額にはなります。

できるだけ簡単にコスパ良く飲むためにも、楽天やAmazonや通販の公式サイトで安く購入すると便利でお得です。

とくに公式サイトで売られていれば割引や特典付きの場合が多いです。

なので、楽天やAmazonで買う前に、一度公式サイトを確認しておくのがお得に購入する方法です。

 

>>コーヒーダイエットのおすすめランキングをもう一度見る