コーヒーダイエットおすすめランキング!本当に効果のある減量

コーヒーダイエットの選び方3つのポイント

コーヒーダイエットの選び方3つのポイント

>>コーヒーダイエットおすすめランキングを今すぐ見る

コーヒーダイエットとは、文字通りコーヒーを飲みながらダイエットする方法を言います。

脂肪燃焼などダイエット成分を含んでいるコーヒーを体に吸収して痩せるのが目的です。

ただ、コーヒーダイエットといっても飲むだけでは効果を得られない場合が多いです。

コーヒーダイエットするためには、

  • いつもよりカロリーカットする
  • リバウンドしないためにもストレスなく飲む
  • 毎日継続してしっかり効果を得る

といった方法が実践できる商品を選ばないといけません。

難しそうですが商品の選び方やランキング形式で紹介していますので、簡単に痩せるコーヒー探しの参考になりますよ!

 

コーヒーダイエットの選び方1:置き換えしやすい

カロリーを抑えて置き換えしやすい

食事または飲み物をコーヒーに置き換えれば、摂取カロリーを抑えられるため痩せられます。

コーヒーダイエットの場合だと、

  • 朝食や昼食など食事
  • おやつやジュースなど間食
  • 普段のコーヒー

などを置き換えるのが手っ取り早く痩せる方法です。

主に食事や間食をコーヒーで置き換えするのがダイエットに有効です。

とはいえ、食事を抜けばどうしてもお腹が空いたり栄養不足になる可能性があります。

なので、満腹感があり栄養分が豊富なコーヒーを選んで置き換えしてください。

食事を置き換えしても、空腹感がなければ楽ですし不足しがちな栄養素も補給できれば体に優しいダイエットができます。

もっと欲を言うと飲むコーヒーのカロリーと糖質が低いとダイエットに余分な要素をカットできるため、より効果的なダイエットに繋がります。

 

コーヒーダイエットの選び方2:美味しく飲める

味や香りが良く美味しく飲める

コーヒーダイエットで痩せるためには、挫折せず続けられるような香りと美味しがないと無理です。

ダイエットを楽しく長続けさせるには、自分が美味しいと思えるコーヒーを選ばないといけません。

飲んで苦痛を感じるようなコーヒーでは続けられませんし、ストレスが原因でリウンドしていまいます。

実際に飲まないとわかりませんが、

  • 焙煎士などのプロが監修、推奨している
  • 口コミで香りや味の感想を見る

などが美味しいコーヒー選びの参考になります。

焙煎士やバリスタがおすすめしてるとコーヒー好きなら正解だと思いますが、結局のところ香りや味は個人の好みです。

とくに苦味や甘み、コク、酸味、スッキリ感など口コミで味の特徴をポイントに調べておくと失敗しないコーヒーを選べます。

 

コーヒーダイエットの選び方3:続けやすい

簡単に作れて続けやすい

コーヒーダイエットは習慣化が大切なので、作りやすく簡単に飲めるインスタントコーヒーを選んでおきましょう。

毎日数秒で作れて飲むだけで痩せられたら、ほんとに楽なダイエット方法です。

ドリップコーヒーだと味に深みもあり美味しいですが、作るのに手間がかかり面倒です。

面倒くさいと続けられなくなり、コーヒーダイエットを途中で断念してしまいます。

忙しい朝でもインスタントコーヒーならサッと作れますし、ホットだけでなくアイスでも美味しく飲めるのでとても手軽です。

スティックタイプのインスタントコーヒーだとカバンに入れて持ち運びやすいですし、職場の休憩時など外出先でいつでもどこでも飲めるので便利です。

 

コーヒーダイエットの選び方まとめ

コーヒーダイエットの選び方まとめ

  1. 置き換えしやすい
    満腹感や栄養不足を補える成分を配合している
  2. 美味しく飲める
    口コミで香りや味の特徴を参考にする
  3. 続けみやすい
    インスタントコーヒーなら簡単に作れて飲みやすい

とくに空腹を感じず無理なく置き換えしながらカロリーカットできるのが、コーヒーダイエットに取り組むためにはおすすめです。

香りや味は個人で好みが違いますので一番は決められませんが、自分よりのコーヒーをチェックしておけば安心です。

それでは上記の選び方を考慮した、インスタントタイプで人気のコーヒーダイエットをランキング形式で紹介していきます!

 

コーヒーダイエットおすすめ人気商品ランキング

(第1位)チャコールバターコーヒー

第1位チャコールバターコーヒー

おすすめポイント
  • バターの香りとコクが美味しい
  • カロリーと糖質が低い
  • 空腹をサポートする脂質が摂れる
  • 毒素を吸着するチャコールを配合
  • 栄養豊富な有機JAS認定のパワーフード配合
  • スティックで持ち運びしやすい
  • 脂肪燃焼や蓄積の減少に役立つ成分
  • 1杯約58円とお得に続けられる

といった、バランスのとれた成分とコスパ良好のダイエットコーヒーです。

栄養満点なパワーフードや空腹サポート成分入りなので、置き換えしても満足しやすく栄養不足のカバーにも役立ちます。

1杯あたりも低カロリーで低糖質、約58円と激安なので、置き換えダイエットを継続しやすく効果も得られやすいです。

コンビニのコーヒーよりも金銭的にも安く使い勝手が良いので、お得で手軽なダイエットができます。

さらに、デトックスや脂肪燃焼をサポートする成分も豊富ですし、いつも飲むコーヒーを置き換えるだけでも体の内側からキレイなスリムを目指せます。

まさに、美味しさ、満腹感、栄養豊富な成分が摂れるナンバーワンのダイエットコーヒーといえるでしょう。

価格単品:2,658円(2,138円、送料520円)
3袋セット:1袋おまけ(合計4袋)で6,935円(6,415円、送料520円)
内容量1袋30包入り(30杯分)
コスパ単品:89円(1杯)
セット:58円(1杯)
形状インスタント(スティックタイプ)
カロリー4.64kcal
糖質0.88g以下(炭水化物に含む)
コーヒー豆-
成分MCTオイル、バターパウダー、脂質、コーヒー(クロロゲン酸)、ジンジャー、マカ、水溶性食物繊維、竹炭、活性炭など

簡単にバターコーヒーが楽しめる!

まず、簡単・安価にバターコーヒーが美味しく楽しめるので、とても気に入っています。
アイスにしても分離せず、無調製豆乳で割って飲んでいます。
効果がでるかはもう少し飲み続けないととは思いますが、満腹感はあるので期待しています。

引用元:アマゾン

 

\セットなら1杯58円で飲める/

 

(第2位)SLIM COFFEE(スリムコーヒー)

第2位SLIM COFFEE(スリムコーヒー)

おすすめポイント

コーヒーダイエット商品の中でも、こだわった味と美肌も目指せるのがスリムコーヒーの特徴です。

日本一の焙煎士が監修したチョコレート風味の仕上がりなので、コクがあって味わい深いコーヒーを楽しめます。

お通じなど腸内環境の整えに役立つ乳酸菌やビフィズス菌、82種の植物発酵エキスも配合しており美肌サポート成分も豊富です。

ただ、1位のチャコールバターコーヒーの方が、置き換えダイエットに最適なカロリーや糖質が低い値になっています。

とはいえ、日本一の焙煎士が監修したコーヒーなので、味や香りを重視したい方に合っているダイエットコーヒーです。

価格初回半額:1,980円(税込)
2回目以降:25%OFFの3,218円(税込)
ずっと送料無料
内容量100g(1杯あたり3g、約33杯分)
コスパ初回:98円(1杯)
2回目以降:121円(1杯)
形状インスタント(粉末タイプ)
カロリー10.17kcal
糖質1.93g以下(炭水化物に含む)
コーヒー豆日本一の焙煎士「松本竜一」さん監修
成分チャコール(竹炭末)、伊那赤松妙炭末、Lオルニチン塩酸塩、ギムネマ、L-カルニチンフマル酸塩、L-アルギニン、グリーンコーヒー豆エキス(クロロゲン酸)、食物繊維(難消化性デキストリン)、82種の植物発酵エキス、ビフィズス菌、乳酸菌など

美味しいです。

いろんなダイエットコーヒーを試してきましたが、私には1番です。
効果はこれからですが、翌日はお通じよかったです。(40代女性)

引用元:楽天市場

 

\初回50%オフ(縛りなし)で試せる/

 

(第3位)エクササイズコーヒー

第3位エクササイズコーヒー

おすすめポイント

初回価格が激安なのと、脂肪の蓄積を減少させるクロロゲン酸がたっぷりのダイエットコーヒーです。

一般のコーヒーと比べクロロゲン酸を約10倍も配合しており、代謝不足の40代以上に特におすすめできます。

初回限定価格が982円(30杯分)と激安なので、初めてコーヒーダイエットしたい方でも始めやすいです。

味についてもブラジル産の焙煎コーヒー豆ですし、モンドセレクション金賞やiTQi2017優秀味覚賞まで受賞している本場のコーヒーを楽しめます。

また、水に溶けやすスプレードライ製法なので、冷たいアイスコーヒーでもさっと作れるのでとても便利です。

2回目以降はやや値段は上がってしまいますが、代謝不足で痩せづらいと感じる方に試してほしいコーヒーダイエットでもあります。

価格初回限定:78%オフの982円(税込)
2回目以降:3,726円(税込)
ずっと送料無料
内容量30包入り(30杯分)
コスパ初回:33円(1杯)
2回目以降:124円(1杯)
形状インスタント(スティックタイプ)
カロリー6.9kcal
糖質1.5g以下(炭水化物に含む)
コーヒー豆本場ブラジル産の焙煎豆を使用
成分クロロゲン酸、L-カルニチンフマル酸塩、コエンザイムQ10など

飲みはじめて1ヶ月ほどです!

スティックになっていて使いやすく、飲みやすい味なのでたまに飲み過ぎてしまいます。
強い苦味が苦手な人には丁度良い気がします。

引用元:アマゾン

 

\初回50%オフ(縛りなし)で試せる/

 

(第4位)C COFFEE(Cコーヒー)

第4位C COFFEE(Cコーヒー)

おすすめポイント

人気モデルやアーティスト、SNSでも大好評中のオシャレなパッケージに入ったダイエットコーヒーとなります。

モデルのNikiさん、ロン・モンロウさん、アーティストのSKY-HIさんなどが愛用されてるコーヒーです。

ブラジル産100%の芳醇な香りと旨みがあるコーヒー豆を使用していて、JBA日本バリスタ協会バリスタグランプリ2018年優勝者 松本卓巳さんも推奨する美味しいコーヒーです。

脂質代謝に働くMCTオイルやチャコールのクレンズ成分、カルシウムのバランスを整えるビタミンDなど、キレイに痩せるためのサポートも充実しています。

1杯あたりのカロリーや糖質は少し高めですが、ダイエット中のカルシウム不足など気になる人に合っているコーヒーです。

価格初回半額:1,944円(税込)
2回目以降:25%オフの3,110円(税込)
ずっと送料無料
内容量100g(1杯あたり3~5g、約25杯分)
コスパ初回:78円(1杯4g)
2回目以降:124円(1杯4g)
形状インスタント(粉末タイプ)
カロリー12kcal
糖質2.6g以下(炭水化物に含む)
コーヒー豆ブラジル産ロブスタ種使用
成分伊那赤松妙炭末、クロロゲン酸、MCTオイル、有胞子性乳酸菌、食物繊維(難消化性デキストリン)、ビタミンDなど

ブラックでも美味しい!

インスタグラムで紹介されてたのでポチりましたが、とても美味しいです。
ダイエット効果は分かりませんが美味しいから飲み続けられます。
コーヒーのブラックはあまり得意じゃなくてカフェオレばっかりだったんですがこれはブラックでもくどくなくて美味しく感じます。
飲みやすいから最近の毎朝朝食はこれ一杯です。
パケも黒でシックなのでキッチンがお洒落に見えるのも良いですね。(30代女性)

引用元:アットコスメ

 

\初回50%オフ(縛りなし)で試せる/

 

(第5位)Caffetein(カフェテイン)

第5位Caffetein(カフェテイン)

おすすめポイント

コーヒーとプロテインを同時に摂れる、筋力維持と脂肪燃焼に役立つダイエットコーヒーです。

とくに食事制限すると筋力不足になりがちで基礎代謝量が落ちやすくなりますが、筋力維持をするためにもプロテインが役目を果たします。

栄養管理士と薬剤師が監修しており、砂糖、食塩、着色料、保存料、合成甘味料は不使用の処方なので安全性にもこだわっています。

ただ、脂質や糖質など余計なものは入ってないと書かれていますが、カロリーや糖質の数値を見ると少し気になる点はありました。

とはいえ、筋トレや運動しても痩せない方は筋肉不足の可能性もあるので、プロテインを摂って基礎代謝のアップに役立てるのにもおすすめです。

価格初回限定:71%オフの2,138円(税込)
2回目以降:41%オフの4,298円(税込)
ずっと送料無料
内容量150g(1杯あたり10g、15杯分)
コスパ初回:143円(1杯)
2回目以降:287円(1杯)
形状インスタント(粉末タイプ)
カロリー35.5kcal
糖質2.7g
コーヒー豆数種類のコーヒー豆とロースト法をブレンド
成分カフェイン、クロロゲン酸、ホエイプロテイン(タンパク質)、穀物麹抽出濃縮物、18種類のアミノ酸、ビタミン、7種類の酵素、ミネラルなど

甘さが控えめで飲みやすい!

コロナウイルスの影響もあって、運動する機会がめっきり減ってしまった。。
だからといって言い訳をしたくないが、おなかのたるみが気になってきた今日この頃。
いくつかプロテイン商品を試したものの、甘かったり、効果が薄かったり、あまり自分にフィットする商品が見つからないと感じていました。
そこで出会ったのがカフェテイン!甘さが控えめで抵抗なく飲むことができ、何よりも3カ月間続けられていることが論より証拠!
今を変えたいと思って購入した商品ですが、コロナ以前の体型をキープし続けられています(#^^#)(20代女性)

引用元:アットコスメ

 

\初回限定71%オフでお試しできる/

 

コーヒーダイエットのおすすめ比較一覧

【第1位】【第2位】【第3位】【第4位】【第5位】
チャコールバターコーヒースリムコーヒーエクササイズコーヒーCコーヒーカフェテイン
値段(1杯)約58円(セット購入)98円(定期初回)33円(定期初回)78円(定期初回)143円(定期初回)
内容量(1袋)30包(30杯分)100g(33杯分30包(30杯分)100g(25杯分)150g(15杯分)
形状スティック粉末スティック粉末粉末
カロリー(1杯)4.64kcal10.17kcal6.9kcal12kcal35.5kcal
糖質(1杯)0.88g以下1.93g以下1.5g以下2.6g以下2.7g
成分満腹感、栄養成分美肌成分脂肪サポート成分カルシウムサポート筋力量と基礎代謝量をサポート
特徴コスパ良好、低カロリー・低糖質焙煎士監修、飲める回数が多いお試し最安値、ブラジル産の焙煎豆ブラジル産100%のコーヒー豆、バリスタグランプリ優勝者推奨コーヒー豆をブレンド
購入先≫公式サイト≫公式サイト≫公式サイト≫公式サイト≫公式サイト

コーヒーダイエットの商品を比較してみると、とくに置き換えに最適なのはチャコールバターコーヒーという結果になりました。

カロリーや糖質も低く食事を抜いたときの空腹対策や栄養サポート成分も摂れるため、無理なく置き換えダイエットするのにもってこいのコーヒーです。

味についても高評価ですし1杯あたりの価格が安くコスパが良いので、ダイエットで必須となる継続性についても高ポイントとなります。

ずっと安く購入しながらダイエットできるチャコールバターコーヒーが一番おすすめですよ!

\セットなら1杯58円で飲める/

>>コーヒーダイエットのおすすめランキングをもう一度見る

 

コーヒーダイエットの効果

コーヒーダイエットの効果

コーヒーダイエットの効果について

コーヒーには、脂肪燃焼や蓄積を抑えるダイエットに効果的な成分を配合しています。

コーヒーと言えばカフェインが有名ですが、興奮作用による基礎代謝の向上や利尿作用に働きかける成分でもあります。

基礎代謝量がアップすれば脂肪燃焼しやすくなるため、痩せたい人には嬉しい成分です。

利尿作用については、老廃物の排出によって顔や足などむくみ解消の効果が期待できます。

深酒したときなどお酒を飲みすぎたときにも、老廃物を排出させれば二日酔いにも役に立ちます。

また、コーヒーにはポリフェノールの一種である、脂肪の蓄積を減少に働いたり脂肪燃焼をサポートするクロロゲン酸も含んでいるんです。

このポリフェノールには、血糖値の上昇を抑える効果も期待できる成分でもあります。

実際にポリフェノールは、糖尿病の発症のリスクが下がるという効果も発表されている成分です。

コーヒーを飲んで急激に減量する効果はありませんが、カフェインやクロロゲン酸など痩せるのに役立つ成分を摂れます。

 

コーヒーダイエットで飲むタイミング

コーヒーダイエットで飲むタイミング

コーヒーダイエットのやり方

コーヒーダイエットで痩せるための正しいやり方は、脂肪を溜め込まず代謝をアップさせるタイミングと飲み方です。

効果的なやり方と飲むタイミングは、

  • 食事をコーヒーに置き換える
    or
    食後30分以内に飲む
    or
    運動前後や入浴前に飲む
  • 砂糖など太る物は入れない
  • 身体が温まるホットで飲む

といった感じにすればダイエットできます。

コーヒーで一番効率の良いダイエットは、食事を置き換えて摂取カロリーを抑える方法です。

ダイエット成分を摂りながら摂取カロリーを抑えられ、とても効率良く痩せられる方法です。

とくに夕食が一日の食事ボリュームも多く摂取カロリーを抑えられますが、食べないので空腹との戦いにもなります。

空腹すぎるのはストレスですし、夕食よりも朝食や昼食をコーヒーに置き換えた方が食事量が少ないため無理なくダイエットができます。

お腹が空きやすく置き換えが不向きな人は、食後や運動前後、入浴前に飲んでみてください。

食後から時間を空けず飲めば、脂肪の蓄積や血糖値の上昇を抑えるクロロゲン酸を有効活用できます。

食べた物の脂肪を吸収せず太らないポイントは、時間が空けず食後30分以内にコーヒーを飲むのがおすすめです。

その他に置き換えと食後以外で脂肪燃焼アップしやすいタイミングは、身体が温まりやすい運動前後や入浴前に飲む方法です。

身体が温まれば代謝も上がりやすいので、脂肪燃焼によるダイエットにも繋がります。

普段に飲むときでも、アイスよりホットで飲めば体温を上げやすいため基礎代謝量のアップにもなりやすいです。

ホットで飲む場合は、コーヒーのカフェインやポリフェノールのダイエット成分の効果が発揮しやすい80℃前後がおすすめです。

またダイエットには飲むタイミングだけでなく、割り方も重要なポイントとなります。

余計なカロリーを含めないブラックコーヒーで飲むのが一番ですが、苦味が駄目な人もおられます。

他の物と混ぜないと飲みにくい人は、実際にお口に入れるコーヒーのトータルで考えて摂取しましょう。

例えば、

  • 砂糖→糖質が高い、カフェインの働きを妨害しがち→基礎代謝量の効率も悪くなる
  • 牛乳→カロリーが高い

といった感じで、混ぜると飲みやすいけどダイエット中には不向きな飲み方もあります。

甘みが欲しいなら砂糖ではなく、バターやココナッツオイルなどを利用して糖質を抑えてみてください。

コーヒーの苦さをなくすため牛乳でカフェオレにするときでも、無脂肪牛乳で割って摂取カロリーを抑えると安心です。

 

コーヒーダイエットの注意点

コーヒーダイエットの注意点

コーヒーダイエットはよくない?

コーヒーダイエットは摂取量を守れば大丈夫ですが、早く痩せたいといって飲み過ぎると逆に太るので注意してください。

正常に分泌されていれば睡眠中に脂肪や糖の代謝を行うため、ダイエットに効果的。
しかし、四六時中ストレスにさらされ、コルチゾールが増えすぎると、成長ホルモンの働きを阻害し、基礎代謝を低下させ、エネルギー効率が悪く脂肪が燃えにくい体質になります。
いわゆる“ストレス太り”です。

引用元:豊橋ハートセンター

 

カフェインにもコルチゾールを増加する作用があるため、太らないためにも飲み過ぎには注意が必要です。

太りやすいだけでなくコーヒーを飲むと、少なからず舌の上に成分は残ります。

成分が残ると口臭の原因にもなってしまうため、歯磨きの回数を増やさないといけなくなります。

・健康な成人は最大400mg/日(コーヒーをマグカップ(237ml入り)で約3杯)までとする。
・カフェインの影響がより大きい妊婦や授乳中、あるいは妊娠を予定している女性は最大300mg/日(マグカップで約2杯)までとする。

引用元:厚生労働省

 

カフェインの摂取量がわからないという方は、1日3杯以下を目安にしてください。

それと夜にコーヒーを飲むとカフェインの興奮作用で寝付けなくなり、睡眠の質を下げてしまい太る原因にもなります。

しっかり眠るためにも、寝る直前ではなく時間を開けてコーヒーを飲むようにしましょう。

あとカフェインは胃に負担がかかりやすいので、お腹が空いている時に飲まないように注意してください。

またブラックコーヒーじゃない場合は、砂糖や普通牛乳ではなくシュガーレスや無脂肪牛乳で糖質や脂質を抑えましょう。

 

コーヒーダイエットの市販

市販でお得なコーヒーダイエット

コンビニの商品でもコーヒーダイエットできる?

コンビニでも手軽に買えますが、ダイエット目的なら値段ではなくカロリーや糖質量、配合成分をチェックしてください。

現在はセブンイレブン、ローソン、ファミリーマートでも、低価格でおいしいバターコーヒーやカフェラテが手に入れられます。

コンビニ以外のドラッグストアなど、探せば市販の店舗ならどこでも購入可能です。

ただ注意点として、市販だと買いに行く手間や毎日飲むとなるとそこそこな金額にはなります。

できるだけ簡単にコスパ良く飲むためにも、楽天やAmazonや通販の公式サイトで安く購入すると便利でお得です。

とくに公式サイトで売られていれば割引や特典付きの場合が多いです。

なので、楽天やAmazonで買う前に、一度公式サイトを確認しておくのがお得に購入する方法です。

 

>>コーヒーダイエットのおすすめランキングをもう一度見る