ドクターコーヒー 下痢

安心ポイント

「ドクターコーヒー」での下痢など症状のトラブルについて詳しくまとめています。

  • 下痢になる原因はなぜ?
  • 腹痛など一緒に起こりやすい症状は?
  • 下痢になったらどうしたらいい?
  • 下痢にならないための注意点は?

ドクターコーヒーは下剤ではありませんし、量や作り方など正しいコーヒーダイエットのやり方に注意すれば大丈夫ですよ!

ドクターコーヒーで下痢になる原因

原因

ドクターコーヒーで下痢になるのは、コーヒーに含まれる成分やアレルギーが原因と考えられます。

コーヒーでお腹がゆるくなり下痢を起こす可能性のある成分は、カフェイン、クロロゲン酸、タンニンです。

カフェイン
カフェインには交感神経を刺激する作用があるのですが、交感神経が刺激されることによって胃腸の活動が正常にならなくなることがあります。
胃腸の活動がうまくいかなくなると、水分が体内で十分に吸収されなくなり、それが結果として下痢になるのです。

クロロゲン酸
クロロゲン酸には胃酸の分泌を促進する働きがあり、特に空腹時にコーヒーを飲むと必要でないのに胃酸が大量に分泌されてしまうことがあります。
それが胃痛を引き起こして、ひいては下痢の原因につながることがあるそうです。

タンニン
タンニンを摂取しすぎると、逆に腸の粘膜に刺激を与え過ぎてしまい、下痢の原因になってしまうことがあります。

引用元:TAILORED CAFE

 

また、コーヒーアレルギーの人が飲むことでも、下痢を引き落とす可能性があります。

 

ドクターコーヒーの下痢と一緒に起こりやすい症状

症状

下痢と一緒に、腹痛や吐き気など起こす場合があります。

カフェインを過剰摂取すると、腹痛や頭痛、めまいなどの症状もあるようです。

また、空腹時にドクターコーヒーを飲むことでも、クロロゲン酸によって胃痛や胸やけにもつながり吐き気や腹痛を起こす可能性があります。

タンニンにいても、摂取しすぎるとお腹が緩くなってしまう場合があります。

もともとお腹が弱い方は、上記のような成分による症状が起きやすいかもしれないです。

 

ドクターコーヒーで下痢になったときの対処法

対処法

お腹が緩いと感じた時点で、ドクターコーヒーの摂取を一度やめて様子を見ることです。

原材料を確認せずアレルギーの方が飲んだ場合でも同じく一旦飲むのをやめましょう。

ドクターコーヒーは下剤とかではなく普通のコーヒーと代わりませんので、飲むのを中止すれば下痢は治まるでしょう。

また、下痢を悪化させないためにも、白湯など温かい飲み物でお腹を冷やさないようにしておくのも良いです。

もし下痢が長引く場合は、念の為にも内科へ受診してください。

 

ドクターコーヒーで下痢にならないための注意点

注意点

先程の下痢を起こす原因を見てもわかるように、ドクターコーヒーは空腹時や飲み過ぎないようにしましょう。

カフェインの過剰摂取について
・健康な成人は最大400mg/日(コーヒーをマグカップ(237ml入り)で約3杯)までとする。

引用元:厚生労働省

 

数字を見ると1日4杯まで飲めそうですが、ドクターコーヒーのカフェイン量の記載がないので下痢が気になる方は1日3杯以下から試してみましょう。

できれば、ドクターコーヒーを1日1杯から様子見して、徐々に回数を増やすと安心です。

また、下痢になった人は空腹に飲んだことが原因かもしれないため、ドクターコーヒーでの置き換えダイエットは控えて食後などに摂取してください。

あとコーヒーアレルギーの方はもちろん、その他の成分や原材料を確認しておくのがおすすめです。

【コーヒー味の原材料】
コーヒーパウダー(ブラジル製造・国内製造)、ポリデキストロース(水溶性食物繊維)、有胞子性乳酸菌末、ケラチン加水分解物、酵母、穀物発酵抽出物(小麦を含む)、植物発酵抽出物(大豆・ごま・オレンジ・りんご・バナナ・キウイフルーツ・カシューナッツ・アーモンド・やまいもを含む)、L-カルニチン酒石酸塩、乳酸菌生産物質末、粉末油脂(中鎖脂肪酸油)/ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB1、コハク酸、シクロデキストリン、リンゴ酸、乳化剤、香辛料抽出物、トレハロース
【カフェラテ味の原材料】
乳等を主要原料とする食品(国内製造)、コーヒーパウダー、還元麦芽糖、ポリデキストロース(水溶性食物繊維)、油脂調整粉末(植物油脂・乳糖・デキストリン・乳たんぱく)、有胞子性乳酸菌末、ケラチン加水分解物、酵母、穀物発酵抽出物(小麦を含む)、食塩、食物発酵抽出物(大豆・ごま・オレンジ・りんご・バナナ・キウイフルーツ・カシューナッツ・アーモンド・やまいもを含む)、L-カルニチン酒石酸塩、乳酸菌生産物質末、粉末油脂(中鎖脂肪酸油)/乳化剤、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物・スクラロース)ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB1、香料、コハク酸、シクロデキストリン、リンゴ酸、香辛料抽出物、トレハロース
【キャラメルラテ味の原材料】
乳等を主要原料とする食品(国内製造)、コーヒーパウダー、ポリデキストロース(水溶性食物繊維)、油脂調整粉末(植物油脂・乳糖・デキストリン・乳たんぱく)、還元麦芽糖、 粉末カラメルソース、有胞子性乳酸菌末、ケラチン加水分解物、酵母、穀物発酵抽出物(小麦を含む)、植物発酵抽出物(大豆・ごま・オレンジ・りんご・バナナ・キウイフルーツ・カシューナッツ・アーモンド・やまいもを含む)、L-カルニチン酒石酸塩、乳酸菌生産物質末、粉末油脂(中鎖脂肪酸油)/乳化剤、増粘剤(カラギナン)、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物・スクラロース)、香料、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB1、コハク酸、シクロデキストリン、リンゴ酸、香辛料抽出物、トレハロース

ドクターコーヒーは3種類の味が楽しめる分、成分や原材料も微妙に異なりますので、飲むフレーバーを確認しておくようにしましょう。

あとできる対策は、ドクターコーヒーを割り物や飲むときの温度です。

アイスだとお腹が冷えますしミルクなど乳製品などで割ると、下痢を引き起こす理由にもなります。

お湯でホットにしたりブラックで飲むなどして乳製品で割るのは避け、お腹を温めながら飲むと安心ですね!

ドクターコーヒーには生きたまま届く乳酸菌を配合してますし、実際に飲んでみた効果を見たい人は口コミや評判をまとめていますのでチェックしてみてください。

 

ドクターコーヒーの下痢まとめ

まとめ

  • カフェイン、クロロゲン酸、タンニンが原因
  • コーヒーアレルギーの人も注意
  • 下痢になったら飲むのを中止してお腹を冷やさない
  • 1日1杯から様子見して1日3杯くらいにする
  • コーヒー以外の成分や原材料にも注意する
  • ホットで温めながら飲む
  • ブラックやで乳製品以外で割って飲む

便通に役立つ成分も配合されてるため見極めは難しいかもしれませんが、少ない摂取量や温かい作り方だとトラブルなく飲みやすいと思います!

 

【関連記事】コーヒーダイエット おすすめ