ドクターコーヒーの効果的な飲み方のタイミングと美味しく飲む方法

ドクターコーヒーの飲み方の3つのおすすめポイント

Dr.coffee(ドクターコーヒー)の飲み方について詳しくまとめています。

  • 痩せるタイミングはいつ?
  • 糖質や脂質カットに効果的な飲み方は?
  • 3つの味のおすすめやアレンジ方法は?

罪悪感なく手軽に美味しくダイエットが出来るコーヒーなので、効果を最大限に発揮させるめにも参考にしてみてください!

ドクターコーヒーを飲むタイミング

ドクターコーヒーを飲むタイミング

ドクターコーヒーはお薬ではないので好きなタイミングで飲めますが、ダイエットならカロリーカットや成分を活かす飲み方をしましょう。

ドクターコーヒーを食後30分以内に飲む

ドクターコーヒーには、脂肪を蓄積を抑える働きや脂肪燃焼するカフェインやクロロゲン酸(ポリフェノール)を配合しています。

食後の消化までに飲むことで、脂肪の蓄積や燃焼に役立てることが可能です。

また、ドクターコーヒーは1日に飲む回数は決められていないので、毎日の食後に飲むコーヒーの代わりにすれば手軽です。

ドクターコーヒーを飲むとどんな効果があるか知りたい方は、口コミや評判を集めてみましたのでチェックしてみてください。

 

ドクターコーヒーで食事を置き換える

ドクターコーヒーは低カロリーなので、食事を置き換えすれば摂取カロリーを抑えられるので効果的にダイエットが出来ます。

フレーバーで異なりますが1杯あたり9~11kcalと低カロリーですし、食物繊維不足や乳酸菌など栄養バランスも豊富なので食事制限も安心です。

食事での摂取カロリーは、

  • 朝食(低カロリー)
  • 昼食(中カロリー)
  • 夕食(高カロリー)

であることが一般的なので、一番大きくカロリーを抑えられる夕食の置き換えが効果的です。

ただし、カットする摂取カロリーが大きい食事ほど空腹を感じやすいので、自分が我慢できるタイミングで置き換えてください。

また、空腹感を我慢できない人は、間食の置き換えから初めてみて慣れてから食事にシフトすると案外やりやすいです。

 

ドクターコーヒーを食前に飲む

ドクターコーヒーを食事前に飲んで満足感を出すことで、食事量を減らすことができます。

お腹に溜め込めばそれだけ食べる量も減りますから、カロリーカットすることが可能です。

消化や吸収をスムーズに素早くエネルギー分解感してくれるMCTオイルやL-カルニチンも摂れるので、食事で余計なものを溜め込まないことにも役立ちます。

 

ドクターコーヒーを体を動かす時に飲む

ドクターコーヒーには脂肪燃焼などダイエットサポート成分が豊富なので、運動や筋トレにも効率的です。

運動してるけど痩せない方や運動が苦手な方は、家事や外出時に歩くなど体を動かす時に飲んでみましょう。

ドクターコーヒーは、食事の前後、置き換えなどタイミングはいろいろ自由なのでダイエットにも飲みやすいですよ!

 

ドクターコーヒーの効果的な飲み方

ドクターコーヒーの効果的な飲み方

ドクターコーヒーはブラックでアイスではなくホットで飲む

ドクターコーヒーの効果的な飲み方は、ブラックをホットで飲むことです。

そのままブラックで飲めば、余計な糖質や脂質を摂らずに済みます。

ドクターコーヒーは、スティック1袋を約100mlのお湯に溶かして飲むだけですが、ホットで飲む方がダイエットに効果的です。

温かい飲み物の方が身体も温まるので、代謝アップにもなります。

とくに80℃前後で飲めば、カフェインやポリフェノールの効果が促進されやすいためダイエットにも繋がりやすいです。

 

ドクターコーヒーを無糖の飲み物で割る

ブラックだと苦くて飲めない場合は、ミルクと一緒に割ればまろやかに飲みやすくなります。

ただし、糖分や脂肪分を加えないためにも、無糖や無脂肪牛乳で割るようにしましょう。

ドクターコーヒーでダイエットするためにも、余分な糖や脂質は摂らないように工夫しましょう!

 

ドクターコーヒーのおすすめな飲み方

ドクターコーヒーのおすすめな飲み方

ドクターコーヒーを3種類から好みの味を選ぶ

ドクターコーヒーには3つのフレーバーがあるので、自分の好みや飲むタイミングに合わせた味を選びましょう。

フレーバーには味の違いがあり、

  • コーヒー味:苦みと渋み
  • カフェラテ味:優しい甘さと微かな苦み
  • キャラメルラテ味:甘い

といった感じなので、自分の好きな味をチョイスしてみてください。

また、おやつ感覚で置き換えたい場合は甘い味がおすすめですし、朝食や食後に苦みの味を楽しむといった飲み方もおすすめです。

スティックタイプなので、仕事のときのリラックスタイムにも手軽に飲めます。

1袋飲みきったら次は違うフレーバーを選ぶなど、味の変化で気分も変えて楽しむこともできます。

 

ドクターコーヒーは手軽なアレンジで飽きずに飲める

バリスタ世界チャンピオンの大磯悟さんが紹介してるドクターコーヒーのアレンジで飲めば、味変できて続けやすくなります。

  • 牛乳+豆乳やアーモンドミルク
  • ハチミツ、メイプルシロップ、黒蜜、シナモンシュガーなど追加で!

コーヒーのプロが紹介してるアレンジレシピなので、とても美味しいです。

3種類のフレーバーとアレンジを加えれば、ドクターコーヒーのバリエーションが増え飽きずにダイエットできますよ!

 

ドクターコーヒーの飲み方まとめ

ドクターコーヒーの飲み方まとめ

  • 食事の前後や置き換え、体を動かす時に飲む
  • ブラックをホットで飲む
  • 飲みたいシーンでフレーバーを選ぶ
  • アレンジレシピして美味しく飲む

ドクターコーヒーは飲むタイミングや好みに合わせて味が選べるので、無理なく痩せたい人は試してみてください!