ドクターコーヒー 妊娠中 授乳中

安心ポイント

妊娠中や授乳中に飲む「ドクターコーヒー」の安全性について詳しくまとめています。

  • 飲んでも大丈夫?副作用はないの?
  • 1日何杯までなら飲める?
  • 子供に影響はないの?

妊娠中や授乳中でもトラブルなく飲むためにも、カフェインの摂取量に注意すればいいだけなのでドクターコーヒーを飲みたい方は参考にしてみてください!

ドクターコーヒーは妊娠中や授乳中に飲んでも大丈夫?

飲めないの?

ドクターコーヒーは医薬品ではないため、基本的に副作用の心配はありません、

ただし、カフェインレスのコーヒーではないため、妊娠中や授乳中はカフェインの摂取は気にする方が良いです。

 

ドクターコーヒーでの妊娠中や授乳中の副作用は?注意するポイント

注意点

ドクターコーヒーは妊娠中や授乳中なら1日に何杯まで飲める?

厚生労働省にも記載されてますが、カフェインの摂取量は1日あたり2杯までとしています。

ドクターコーヒーにもカフェインは配合されていますので、摂取しすぎないよう注意しましょう。

カフェインの影響がより大きい妊婦や授乳中、あるいは妊娠を予定している女性は最大300mg/日(マグカップで約2杯)までとする。

引用元:厚生労働省

カフェインは駄目とは書かれてないので、1日の摂取量に気をつけてください!

 

ドクターコーヒーを妊娠中や授乳中に飲むときの子供への影響

安全性

母乳を飲む赤ちゃんも少なからずカフェインを摂ることになるため、医師と相談してから飲むようにしましょう。

また、妊娠中にドクターコーヒーを飲むと赤ちゃんに悪い影響があるような情報は見当たりませんでしが、一応医師に聞いておくほうが安心です。

医師に飲んでも良いと確認が摂れた妊娠中や授乳中の人は、ドクターコーヒーの口コミや評判をまとめていますのでチェックしてみてください。

 

ドクターコーヒーの授乳中まとめ

まとめ

  • 基本的に副作用の心配はない
  • カフェインの摂取量に注意する(1日2杯まで)
  • 子供のためにも医師に相談しておく

ドクターコーヒーで気になるのはカフェインなので、赤ちゃんのためにも飲み過ぎには注意しましょう!

 

【関連記事】コーヒーダイエット おすすめ