エクササイズコーヒーの飲み方と飲むタイミング/おすすめのやり方

飲み方ポイント

今話題の「エクササイズコーヒー」の飲み方について紹介しています。

  • ダイエットに効果的な飲み方は?
  • 飲むタイミングで効果アップする?
  • 作り方は?
  • 楽しくアレンジする方法は?

飲む期間や飲む量、いつ飲むのがダイエットに効果的なのか知りたい人はチェックしてみてください!

エクササイズコーヒーの効果的な飲み方は?おすすめのやり方

効果的な飲み方

エクササイズコーヒーを毎日続けて飲む

エクササイズコーヒーは、脂肪燃焼成分を補給することでダイエットをサポートするので毎日続けて飲まないと効果を発揮しません。

実感するには個人差がありますが、脂肪燃焼成分を取り入れ痩せ体質を手に入れるためにも3ヶ月は継続して飲みましょう。

飲み忘れ防止や体重を記録するメモとして管理ができる付属のダイエット応援カレンダーを利用すると便利です。

日々の体重管理から、飲む回数やいつ飲んだら良かったなどダイエットする上でも役に立ちます。

毎日続けながら痩せるのに最適なタイミングや飲む回数を調整するためにも、ダイエット応援カレンダーを上手に使っていきましょう。

 

エクササイズコーヒーの飲む量を多くする

エクササイズコーヒーの飲む回数を増やせば、それだけ脂肪燃焼成分を多く摂ることができます。

公式サイトでは1日あたり1~3杯が目安となっていますが、薬ではないので飲む量に決まりはありません。

実際にエクササイズコーヒーを1日6杯飲んで、大きく減量されてる方もおられます。

多く飲むと気になるのはカフェイン量ですが、

  • 一般のインスタントコーヒー:約80ml程度
  • エクササイズコーヒー:62ml

と1杯あたりの配合量は少なめです。

早く実感したい方は、お腹のゆるみ等と相談しながら飲む量を増やして自分が痩せやすい適量を見つけるのもおすすめです。

 

エクササイズコーヒーをブラックで飲む

エクササイズコーヒーは砂糖など混ぜてしまうとどうしても糖質やカロリーが増えるため、そのままブラックで飲むのが一番オススメです。

糖質やカロリーだけでなく混ぜるものによっては、余計な添加物を摂ることにもつながってしまいます。

ブラックでもほどよい苦味なので、コーヒー好きなら美味しく飲めます。

まずはブラックで毎日継続しながら、飲む量を調整してみるのがダイエットに効果的です!

 

エクササイズコーヒーを飲むタイミング

飲むタイミング

エクササイズコーヒーを体を動かす30分前に飲む

エクササイズコーヒーには燃焼を助ける成分を配合しているため、体を動かす前に飲むとダイエットにも効果的です。

体を動かす前や入浴前に飲んでおけば代謝が上がってくるので、汗がでやすく感じます。

なので、通勤や買い物など外出する前、家事で掃除する前など、体を動かす前に飲んでみてください。

普段から運動してるのに痩せないといった方にも、ジョギングやランニング、エクササイズや筋トレの前に飲んでみましょう。

年齢とともに減少していくメラメラをサポートする成分を摂れるので、体を動かす30分前に飲むと良いです。

 

エクササイズコーヒーを食前に飲む

エクササイズコーヒーを食前に飲むことで、食べ過ぎの防止や食事で溜め込む物の吸収を抑える成分が役に立ちます。

空腹よりもエクササイズコーヒーを飲んでお腹に入れておくことで、食べる量を減らすことができます。

エクササイズコーヒーには、脂肪蓄積や血糖値の上昇を抑えるクロロゲン酸を焙煎豆の約10倍配合されています。

食前に飲むことで食事の脂肪や血糖値の上昇を抑制に役立つ成分を摂ることが可能です。

 

エクササイズコーヒーを食べ過ぎたときに飲む

コーヒーには脂肪を分解や燃焼をサポートするカフェインが含まれているため、食後の早い段階で飲むのがおすすめです。

油物など食べ過ぎたときは、カフェインが摂れるエクササイズコーヒーを飲んでみてください。

ただ、食べ過ぎた後に飲むのはお腹いっぱいですし大変なので、できれば食事前の方が容易です。

 

エクササイズコーヒーを夜寝る前に飲むのは注意

エクササイズコーヒーを夜寝る前に飲むと、カフェインで寝つきが悪くなる可能性があります。

もし夜に飲みたい場合は、寝る直前よりも時間を開けて飲むようにしましょう。

寝つきが悪く睡眠不足になるとダイエットにも影響しますので、夜飲む場合は時間帯に注意してください。

とくにエクササイズコーヒーでダイエットするなら、1日の始まりで体を動かす朝食前に飲むのが効果的ですね!

効果的な飲み方やタイミングがわかったので実際の効果が気になる人は、エクササイズコーヒーの口コミや評判をまとめましたのでチェックしてみてください。

 

エクササイズコーヒーの作り方

作り方

エクササイズコーヒーの作り方は、

  1. パウダー1本をカップに入れる
  2. 120~160mlのお湯やお水を注ぐ
  3. かき混ぜる

だけで完成です。

エクササイズコーヒーは1袋あたり30本のスティックタイプなので、1日1杯飲むと30日分入っています。

スプレードライ製法なので、お水にもすぐにパウダーは溶けるためアイスコーヒーでも美味しいです。

注ぐお湯やお水を少なめにすると苦味がアップし、逆に多めにすると苦味が和らぐので自分の好みの味に濃さを調整できます。

ホットでもアイスでもサッと作れて簡単に飲めますよ!

 

エクササイズコーヒーのアレンジ方法

アレンジ

ブラックでコーヒーが飲めない方や甘みを追加したい場合は、エクササイズコーヒーをアレンジレシピしてみましょう。

味を変えることで飽きずに続けられますし、ストレスなくダイエットに取り組むことができます。

 

エクササイズコーヒーをカフェラテで飲む

エクササイズコーヒーを牛乳や豆乳に混ぜれば、美味しいカフェラテで味わうことができます。

ホットでもいいですし、アイスカフェラテにしても美味しいです。

エクササイズコーヒーを一度作ってから凍らせると、コーヒー氷のカフェラテとなり夏の暑い日にも最高です。

カロリー糖質
牛乳67kcal4.7g
豆乳46kcal1.0g

引用元:日本食品標準成分表

 

とくに豆乳は牛乳よりもカロリーと糖質が低いですし、ダイエットにも嬉しい成分を摂れるのでおすすめです。

豆乳にはコレステロールや中性脂肪など、血液中の余分な脂質を流してくれるサポニンという栄養素が含まれています。
豆乳を飲むと、サポニンによる肥満防止の効果が期待できます。
また、痩せやすい体を作るために欠かせないたんぱく質も豊富です。
動物性のたんぱく質に比べ、低カロリーで基礎代謝を高くするはたらきがあるので、ダイエットのサポートにもなりますよ。

引用元:トクバイニュース

 

豆乳にはサポニンやビタミンEなど大豆に含まれる抗酸化作用のある成分や、女性らしい体づくりのサポートをしてくれるイソフラボンなどが含まれています。

エクササイズコーヒーのダイエット成分と合わせて美肌効果も取り入れたい方にも豆乳はおすすめです。

 

エクササイズコーヒーの甘みをアップする

砂糖やミルクを入れると甘みはアップしますが、カロリーが高くなってしまいます。

なので、低カロリーで甘みもアップする黒糖やはちみつと混ぜるのがおすすめです。

実は黒糖はダイエットにも適した食材なんです。
他の砂糖に比べカロリーやGI値が低い、なおかつ少量でしっかりとした甘さがあり満足感も味わえます。
普段使いの調味料としてコツコツカロリーカットをしていくのがおすすめです。

引用元:黒糖屋

 

黒糖だと甘みもありますし、一般の砂糖よりも低カロリーなのとタンパク質も豊富なので代謝促進にもおすすめです。

エクササイズコーヒーの燃焼成分と同時に、甘さをプラスしながらダイエット効果も期待できます。

はちみつは、低カロリーのため、血糖値の上昇が緩やかになるので、インスリンの過剰分泌を防ぎ、脂肪のできる割合を減らす効果があります。

引用元:荒巻養蜂場

 

もう少し甘みが欲しい場合は、はちみつに混ぜてみるのもおすすめです。

はちみつには肌荒れや便秘解消などに役立つ成分を配合しており、美容効果にも嬉しい割り物です。

 

エクササイズコーヒーで満腹感を重視する

エクササイズコーヒーにバターを加えれば、満腹感を得られやすいためダイエットにも活用しやすい割り物です。

バターは栄養価が高いですし味をまろやかにするため、小腹が空いたときにもおすすめです。

入れすぎには注意ですが、エクササイズコーヒーの味のバリエーションも増え楽しくダイエットができますよ!

 

エクササイズコーヒーの飲み方まとめ

まとめ

  • 3ヶ月は毎日継続して飲む
  • 飲む量を多くしてみる
  • ブラックでそのまま飲む
  • 体を動かす前や食前に飲む
  • アレンジして味を楽しみながら飲む

苦味や甘み、ホットやアイスでも簡単に好みの味で飲めるので、手軽にダイエットしてみたい人は試してみてください!

\今なら1杯約33円で飲める/

 

【関連記事】コーヒーダイエット おすすめ