エクササイズコーヒーの副作用/気になる配合成分を徹底して解説

安心ポイント

「エクササイズコーヒー」の副作用について詳しく調査しています。

  • 配合成分の副作用は大丈夫?
  • アレルギーがあっても飲める?
  • 妊娠中や授乳中でも安全?

エクササイズコーヒーで痩せたいけど安心できるか気になる方は参照してみてください!

エクササイズコーヒーの副作用

安全性

エクササイズコーヒーは普通のコーヒーと同じく健康食品なので、正しい摂取量なら副作用の心配はありません。

原材料の受け入れから製造・出荷まで安全性と品質が保たれるよう、製造工程管理基準を満たしているGMP国内工場で作られています。

このように安心できるコーヒーですが、気になる方のためにも配合成分に危険性はないか調べてみました。

 

エクササイズコーヒーの配合成分の副作用は?

クロロゲン酸

クロロゲン酸はコーヒーの苦味を出す成分にもなっていますが、胃腸の動きを抑える働きもあるため飲み過ぎると便秘を引き起こす場合があります。

また、クロロゲン酸は脂肪の蓄積を抑えるサポートもする成分です。

エクササイズコーヒーは一般のコーヒーと比べて、クロロゲン酸を約10倍以上も配合しています。

脂肪を減らすためにも嬉しい成分ですが、飲み過ぎると便秘になる恐れも摂取量には注意してください。

L-カルニチン

L-カルニチンは、脂肪燃焼の促進をサポートする成分です。

とくに年齢とともに基礎代謝が減少し痩せづらい方にもおすすめの成分となります。

ただし、L-カルニチンは飲み過ぎると吐き気や下痢を起こす場合もありますので、多量に摂取しないようにしましょう。

コエンザイムQ10

コエンザイムQ10は、キレイをサポートする美容成分です。

エクササイズコーヒーには、すぐに活用されやすい還元型のコエンザイムQ10を採用しています。

安全性が高い美容成分と言われていますが、コエンザイムQ10も摂り過ぎると吐き気や嘔吐、下痢など起こす場合があるので注意しましょう。

エクササイズコーヒーはダイエットや美容のサポート成分が豊富ですが、過剰摂取はせず1日3杯くらいまでにしておきましょうね!

1日3杯までなら大丈夫なのがわかりましたし、実際の効果が気になる人はエクササイズコーヒーの口コミや評判を紹介していますので参考にしてみてください。

 

エクササイズコーヒーの副作用の注意点(大豆アレルギー)

注意点

エクササイズコーヒーは、原材料の一部に大豆が含まれています。

カラダの安全のためにも、大豆アレルギーの方は飲まないように注意してください。

 

エクササイズコーヒーの妊娠中や授乳中の副作用

妊娠中や授乳中

エクササイズコーヒーは妊娠中や授乳中に飲んでは駄目とは記載されてませんが、カフェインを含んでいるので控えるのが良いでしょう。

どうしても飲みたい場合は、事前に医師に相談しておくと安心です。

 

エクササイズコーヒーの副作用まとめ

まとめ

  • クロロゲン酸の含有量が多いため飲み過ぎに注意する
  • 1日3杯までを目安に摂取する
  • 大豆アレルギーの方は飲めない
  • 妊娠中や授乳中はカフェインに注意する

副作用なく安心してエクササイズコーヒーで痩せるためにも、適量が大切なのでぜひ試してみましょう!

\今なら1杯約33円で飲める/

 

【関連記事】コーヒーダイエット おすすめ