ケトスリム 安全性

安心ポイント

KETOSLIM(ケトスリム)の安全性について詳しく調査しています。

  • 余分な添加物はないの?
  • 健康リスクや危険性のある成分は?
  • 副作用の注意点は?
  • 妊娠中や授乳中でも大丈夫?
  • 高校生や中学生でも安心できる?

安全性を調査すると摂取量に気をつければ問題ないので、安心して飲むためにも確認しておいてください!

ケトスリムの安全性

安全性

ケトスリムは安心できる5つの無添加フリー

ケトスリムは安全・安心に飲めるように、カラダに不要な添加物は一切使わず日本国内で製造しています。

健康被害になりガチな、

  • 砂糖
  • 合成甘味料
  • 保存料
  • 着色料
  • 乳化剤

といった添加物は不使用です。

商品の製造についても安全性にこだわっており、品質管理を徹底されている静岡県のGMP認定工場で作られています。

余分な添加物を摂らなくて済むため、安心してダイエットに取り組めるコーヒーです!

 

ケトスリムの健康リスクや危険性のある成分は?

危険性

ケトスリムは医薬品ではなく健康食品なので副作用の危険性はありませんが、リスクなく安心して飲みたい人のために成分を解析してみました。

 

ケトスリムの全成分や原材料一覧

ココナッツクリームパウダー(ココナッツ、デキストリン)、クリーミングパウダー(乳成分・大豆を含む)、全粉乳調整品、有機コーヒー、バターミルクパウダー(乳成分を含む)、中鎖脂肪酸含有粉末油脂、クリームチーズパウダー(乳成分を含む)、海洋深層水ミネラル、シナモン末、グラスフェッドバター/香料(乳由来)、カゼインナトリウム(乳由来)、酸化防止剤(カテキン、抽出V.E)

中鎖脂肪酸(MCTオイル)

MCTオイルは消化吸収が早い成分なので、過剰に摂取しすぎると下痢や腹痛を起こす場合があるため注意しましょう。

 

グラスフェッドバター

ケトスリムに使用しているグラスフェッドバターは、安全でヘルシーな最高ランクの原材料です。

一般的な穀物や遺伝子を組み換えされた穀物を食べた牛の乳とは違い、豊かな自然で牧草だけを食べて育った牛の乳から作られています。

通常のバターよりも栄養バランスもよく糖質はほぼゼロなので、ダイエットにも安心できる原材料です。

 

善玉菌

善玉菌は体内で悪影響を及ぼす悪玉菌の増殖を抑えて腸の運動を活発にサポートする働きがあり、とくに問題ありません。

 

クロロゲン酸

クロロゲン酸はポリフェノールであり、脂肪が燃えやいカラダを作るためのサポート成分です。

健康被害に関する情報も見当たりませんし、普通の人は飲んでもとくに問題ないといえます。

 

有機オーガニックコーヒー

ケトスリムのコーヒーは、2年の歳月をかけて最高等級の格付けを取得したオーガニックコーヒーを使用しています。

 

ココナッツ

ココナッツは脂質を含むため、過剰摂取には気をつけましょう。

ケトスリムを飲みすぎると、脂質をたくさん摂ることになるため肥満の原因にもなります。

 

デキストリン

デキストリンは、添加物ではなく食品なので副作用はほとんどありません。

ただし、デキストリンを摂取しすぎると下痢になる場合がありますので、ケトスリムの飲み過ぎには注意しましょう。

 

海洋深層水ミネラル

海洋深層水は、マグネシウムやカルシウムなどミネラル成分の種類が多く、栄養素が豊富な原材料です。

 

シナモン

シナモンは過剰摂取すると肝機能障害をおこす可能性があります。

ケトスリムの全成分や原材料を見ると、過剰摂取しないよう注意すれば大丈夫ですね!

 

ケトスリムの副作用の注意点

注意点

ケトスリムでお腹がゆるくなる

ケトスリムはコーヒーなので、カフェインを含んでいます。

カフェインは大腸の働きを活発にするためのサポートもするため、お腹がゆるく人もいるようです。

あと、先程も記載しましたが、MCTオイル、デキストリンを過剰摂取すると下痢になる恐れもあります。

お腹がゆるくなったときは、ケトスリムを飲むのを一旦中止してみてください。

不安な人は、ケトスリムを少量にして様子を見ながら飲んでみましょう。

 

ケトスリムでアレルギーがないか確認する

ケトスリムには、乳製品や大豆、ココナッツなどを含むため、食物アレルギーのある方は注意しましょう。

アレルギーが心配な人は、ケトスリムを飲む前に全成分の原材料を確認しておいてください。

【原材料】

ココナッツクリームパウダー(ココナッツ、デキストリン)、クリーミングパウダー(乳成分・大豆を含む)、全粉乳調整品、有機コーヒー、バターミルクパウダー(乳成分を含む)、中鎖脂肪酸含有粉末油脂、クリームチーズパウダー(乳成分を含む)、海洋深層水ミネラル、シナモン末、グラスフェッドバター/香料(乳由来)、カゼインナトリウム(乳由来)、酸化防止剤(カテキン、抽出V.E)

 

ケトスリムで逆に太る

ケトスリムは、1杯あたりのカロリーは約62kcalと低いですが、飲む量が増えると太る原因にもなります。

また、グラスフェッドバターは糖質ほぼゼロなので他のバターよりも低糖質ですが、飲み過ぎるとそれだけ糖分を摂ることになります。

カロリーや糖質が気になる人は、ケトスリムの摂取量に注意してくさい。

 

ケトスリムでリバウンドする

ケトスリムで普段のコーヒーや朝食を置き換えてる人は、飲むのをやめるとリバウンドする場合もあるので注意してください。

普段のコーヒーや朝食を摂ることで、カロリーが増えてしまう可能性があります。

ケトスリムでダイエットに成功してやめるときは、代わりに摂取する飲み物や食べ物のカロリーにも気を配るようにしてください。

アレルギーの成分確認と飲み過ぎに注意すれば、ケトスリムは安心して飲めるバターコーヒーですね!

安全な摂取方法がわかったので実際の効果を知りたい方は、ケトスリムの口コミや評判を調査していますのでチェックしてみてください。

 

ケトスリムの妊娠中や授乳中の安全性

妊娠中や授乳中

ケトスリムは妊娠中や授乳中でも大丈夫?

ケトスリムはカフェイン入りなので、妊娠中にはおすすめできません。

また、授乳中は母乳を飲む赤ちゃんのためにも、カフェインは摂らないほうが良いでしょう。

どうしても飲みたい方は、医師に相談してから購入を考えるようにしてください。

 

ケトスリムは妊活中でも大丈夫?

妊活中とカフェインの摂取はあまり問題なさそうですが、海外では飲む量が多いと妊娠率が下がった例もあるようです。

念の為にも妊活中は1日2杯以内など少なめにするか、医師に相談しておくと安心です。

 

ケトスリムの高校生や中学生の安全性

高校生や中学生

ケトスリムは普通のコーヒーと同じく、何歳から飲めるという決まりはありません。

高校生や中学生に飲んでも問題ありませんが、安全のためにも飲み過ぎには注意してください。

 

ケトスリムの安全性まとめ

まとめ

  • カラダに余分な添加物は不使用
  • 健康食品でも飲み過ぎには注意
  • 食物アレルギーの人は成分や原材料を確認する
  • 妊娠中や授乳中はおすすめしない
  • 高校生や中学生でも飲める

正しい摂取量で飲めば安心できるバターコーヒーなので、ダイエットしたい方はぜひ試してみてください!

\初回72%オフ(縛りなし)で試せる/

 

【関連記事】コーヒーダイエット おすすめ